重馬場・不良馬場でこそ狙える血統=種牡馬を調べました
まずは直近の2年(2017年~2018年)の重馬場・不良馬場に限定した成績を抽出
そして全ての芝レースでの成績を抽出
この2つを比較すると道悪競馬でこそ狙える血統が浮かび上がります


【重馬場・不良馬場の上位種牡馬別成績(芝)】
重不良芝17-18

上記の表は2017年~2018年芝レース重馬場・不良馬場での種牡馬別成績です



【上位種牡馬別成績(芝)】
芝17-18

上記の表は2017年~2018年芝全レースでの種牡馬別成績です 
 


《重・不良で狙える種牡馬》

◎ハーツクライ(稍重↑重↑) ※不良では勝ち切る
◎ディープブリランテ(重↑) 
◎マツリダゴッホ(重↑)
◎ジャングルポケット(重↑)
◎コンデュイット(重↑)
◎ヨハネスブルグ
◎オルフェーヴル(重↑)
◎メイショウサムソン(重↑) ※稍重いまいち
◎エンパイアメーカー
◎エイシンフラッシュ ※稍重も走る
◎メイショウボーラー(重↑) ※稍重いまいち
◎Frankel ※稍重も走る
◎ナカヤマフェスタ(重↑)

 
《重・不良で狙い難い種牡馬》

◎マンハッタンカフェ(稍重↓重↓)
◎ロードカナロア(重↓) ※稍重は走る
◎ヴィクトワールピサ(重↓) ※稍重は走る
◎キンシャサノキセキ(重↓)
◎ノヴェリスト(重↓) ※稍重は走る
◎ダノンシャンティ(不良↓) ※稍重は走る
◎ワークフォース
◎シンボリクリスエス ※稍重は走る
◎トーセンホマレボシ
◎タートルボウル
◎ロージズインメイ



上で挙げた種牡馬はそれぞれの3部門(勝率・連対率・複勝率)で
大きく違いが見られた馬をピックアップ
しておきました
()←カッコ内は特に数字の良いまたは悪い条件
(今回から稍重に関しての記述も加えてます)


3部門で大きな違いとまではいかず上には含めてませんが

○ルーラーシップ
○ブラックタイド
不良で要注意

○アドマイヤムーン
で要注意

○ダイワメジャー
○スクリーンヒーロー
稍重で要注意


逆に

○クロフネ
でいまいち

○ハービンジャー
不良でいまいち



注目種牡馬というのは特に見当たらないんですが
面白いのは重・不良が苦手でも稍重の数字が良い
そんな種牡馬が多いというところでしょう

このあたりは掴みどころがなかなか難しいですが・・
まあ極端なのはダメというぐらいの認識でいようかなと



これらは全距離・全競馬場でのものだけに
全てを鵜呑みにするのもどうか?と思いますが参考程度にいかがでしょう!?

あくまでも参考にするか否かは自己判断で・・・



〈スポンサードリンク〉